読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Create Liberty

by inja369

誰でも仕事が速くなる:使えるショートカットキーを25コ紹介

f:id:inja369:20160909144556j:plain

PCを使った業務が多い人の場合、PC作業をどれだけ効率良く・素早く行えるかが、仕事の早さに直結する。仕事を早くするために便利なのが、ショートカットキーである。マウスを使うよりも、圧倒的に早くPCを動かすことができる。

今回は、基本的なものから少々ニッチなものまで、仕事に使えるショートカットキーを25コ紹介してみる。

1.すべて選択

Ctrl+A

ワードの文章や、エクスプローラー内のフォルダなどを全て選択できる。

2.選択範囲を調整

Ctrl+A の後、Shift+方向キー

文章を全選択した後、選択範囲を調整できる。

3.スクリーンショット

[Prt Scr]

パソコン画面をカメラを使わず保存できる。Ctrl+Vで貼り付け。ブログ編集画面でも貼りつけ可能。

4.コピー&貼り付け

Ctrl+C(コピー) → Ctrl+V(貼り付け)

文章などを選択した後、右クリックしているかもしれないが、これで一瞬でできる。ちなみに、切り取りはCtrl+X

5.マウスを使わずメニューを操作する

ワードやエクセルなどで[Alt]

Altキーを一度押すと、以下のようにメニューにアルファベットが振られる。指定された文字を押せば選ぶことができる。試しに[H]を押してみる。すると…。

f:id:inja369:20160909151352p:plain

「ホーム」のメニューを選ぶことができ、今度はホーム内の項目にアルファベットが振られるので、これを選択すればツールを使える。例えば[F]→[F]と押せば、文字のフォントを変更することができるようになる。

f:id:inja369:20160909151404p:plain

6.箇条書きを綺麗に見せる

[Tab]

ワードで箇条書きにすると、このように頭が不揃いになってしまうことがある。せっかく良い言葉が並んでいるのに、これでは格好悪い。そこで、「良い」や「完成した」などの左にカーソルを合わせ、Tabキーを押す。

f:id:inja369:20160909153209p:plain

このように行を揃えることができる。

f:id:inja369:20160909152627p:plain

7.カタカナに一発変換

[F7]

カタカナ単語を普通に変換しようとすると「乗るマンディー」など一発で変換できない時があるが、どんな長い単語でも一発でカタカナに変換できる。

f:id:inja369:20160909170840p:plain

f:id:inja369:20160909170850p:plain

ちなみに、F6を押すとひらがなになる。

8.アルファベットに一発変換

[F9][F10]

例えばローマ字入力の状態で「あlpはべt」と入力しておいて、F9を押すと全角英語「alphabet」、F10を押すと半角英語「alphabet」に変換できる。繰り返し押すと大文字や小文字に変換できる。

9.「ここからここまで」選択、「これとこれ」選択

Shiftを押しながらクリック(ここからここまで)

Ctrlを押しながらクリック(これとこれ)

複数のフォルダを一度に選択するとき、先頭のフォルダを選択した後、Shiftを押しながら別のフォルダをクリックすると、それらのフォルダとその間にあるフォルダを全て選択できる。Ctrlを押しながらクリックすると、飛び飛びに複数のフォルダを選択できる。

10.ウィンドウをすぐ閉じる

Ctrl+W

いちいちマウスカーソルを動かして「×」を押すのが面倒な時はこれでOK。

11.「セルの書式設定」を開く

エクセルでCtrl+1

セルに罫線を引いたり色を塗ることができる「セルの書式設定」。右クリックをすることなく、一発で出すことができる。

12.太字、斜体、下線に変更

Ctrl+「B」(太字)or「I」(斜体)or「U」(下線)

文字を選択した後に入力する。BはBoldIはItalicUはUnderlineの頭文字である。

13.すべてのウィンドウを最小化

[Windowsキー]+M

開いているウィンドウを全て最小化して収納することができる。

14.すべてのウィンドウを最大化

[Windowsキー]+Shift+M

収納したウィンドウを拡大することができる。

15.ウィンドウを切り替える

[Alt]+[Tab]

入力すると、現在開いているウィンドウの一覧が表示される。Altを押している間は一覧が出ているので、クリックして選べば、開くことができる。

f:id:inja369:20160909171208p:plain

16.素早く選択する

ダブルクリック=単語を選択

トリプルクリック=段落を選択

ワードやブログ編集画面で行えば、ドラッグせずに選択できる

17.入力・変換ミスをやり直す

[変換]

Enterを押して変換を確定してしまったあとでも、わざわざ消して入力し直さなくても、直したいところを選択して[変換]を押せば、変換し直すことができる。

18.変換範囲を調整する

Shift+→←

例えば、「せんじつにほんを」と入力して変換すると「先日日本を」となる。これを「先日に本を」としたい場合、一度変換した後Shift+→←を入力すると、変換範囲を調整できるようになる。こうして「せんじつに」を選ぶと「先日に」と正しく変換できるようになる。

f:id:inja369:20160909164617p:plain

19.サイトを素早くスクロール

[スペースキー]

マウスのホイールは少しずつスクロールできるが、普段変換に使う「スペースキー」を押すときっちり1画面分スクロールできる。

20.新しいタブでリンク先を開く

Ctrl+クリック

Ctrlを押しながらリンクを押すと、新しいタブに飛ぶことができる。

21.ホーム画面を新しいタブで開く

Ctrl+T

Googleなどのホーム画面を、一発で新しいタブで開くことができる。

22.再読込み

F5

開いているヘージを最新の状態にすることができる。

23.ミスをやり直す 元に戻す

Ctrl+Z

操作ミスをして消したくないものを消してしまった場合、ひとつ前の作業段階に戻ることができる。ワードやエクセル、ブログ編集画面、ペイントソフトでも使うことができる。

24.上書き保存

Ctrl+S

簡単に保存することができる。個人的に、これを覚えることの恩恵はこまめに保存するクセが付くことだと思う。長時間作業してソフトが落ちたとき、進捗が無駄になったときの精神的ショックは大きい。

25.ページの先頭に戻る

[Fn]+[Home](←)

ウェブページを読み終わり、一番上に戻りたいときはこれ。一発でページの頭に飛ぶことができる。